読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GAME LIFE HACK

ゲーム生活、少し変えてみませんか?

もっと軽くて短い文章というか記事を書きたいって愚痴

ネットのお話
連続ツイートで済みそうだし下手したらタイトルだけで終わそうな内容だけどブログとして書き出したかった
 

f:id:shiftwinter:20160826075121p:plain

 
 
今、地味に悩んでる事の一つにブログの文字数がある。短すぎるのではない、長くなりがちなのだ。というかいつも膨れ上がってしまうのだ。
 
自分のブログ記事の文字数をざっと見返してみると下限が2000文字台からで5000文字まで行くこともよくある。下手したら9000文字まで行くというケースも存在した。
 
1000文字台も存在はするが数件だけである。
 
自分の記事を書く流れは、普段ぼけらーっとしてる中で電波を受信してそこから一気に書き上げるという流れが割とかなり多い。
 
そして頭ひねりながら勢いに任せたり記事を書き上げると枝葉がどんどん増えていき、気が付いたらだらだらと長ったらしい記事が出来上がってしまうということがよくある。
 
一見「長い記事書けるんだからいいんじゃね?」って見えるかもしれないが、要するに「要すること」が出来てない訳で、起承転結をシンプルにまとめることが出来ないのだ。
 
とある単語を出すとそれを説明したくなってしまう、言葉を重ねてしまう、「言いたい事はこうだ」と何度も示してしまう。結果、文字数が膨れ上がってしまう。
 
加えて文章が長くなるにつれて文字の重複を恐れてしまう。同じ単語や締め方を使わないように別の言い回しを探す。という全体のつじつま合わせのコストも指数関数的に増加してしまう。
 
またそういった記事の作り方な為、書き方や考え方に無駄が多く、書き上げた後は大体「やり遂げた」という気持ちよりも「ようやく終わった」という脱力感のほうが勝ってしまう事が多い。また次の文章を書き始めるまでの充電に時間がかかるのだ。
 
一番の理想は「短い時間で、要点を捕らえ、筋の通った文を書き上げる」事なのだが。その域に達するにはまだまだ先は長そうだ。
 
個人的に記事と記事の間隔は開けたくないのだが、書き始めが特に腰が重くなるためそこをどうにかするまでは二進も三進も行きそうにない。
 
加えて書いてるものが遊びのメカニズムや感想記事やオススメのソフトなど割と題材の時点で胃もたれしがちなモノばかりであることも文字数増大の原因の一つであるかもしれない。基本、題材の時点で茨の道なんだろうなぁ・・・
 
あとは文書を書く際のテンプレートというかフォーマットというか、そこらへんの「型」が出来上がりきってないのも多分筆が遅い原因なのかもしれない。
 
書くしかないのだが早く書けないため書く速度が遅いままという悪循環。
 
ここの時点で1040文字くらい。短い記事が書きたいって愚痴なのでここらへんで留めておく。たまにはこういった文章もね・・・
広告を非表示にする