読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GAME LIFE HACK

ゲーム生活、少し変えてみませんか?

これから購入予定のゲームソフトとか (2016年8月時点)

f:id:shiftwinter:20160822182856j:plain

 
毎年秋から冬にかけて、各社ゲーム会社の大作が発売される。
 
毎度財布と相談しながらどれを買うか悩むわけだが、その中でも特に気になっててほぼ購入が決まってるゲームソフトを今回は纏めてみたかった。
 
折角ブログって媒体なんだから日記らしいことはやっておきたかったし。色々あって気分仕切り直したかったし。
 

 

 
 

8月

メトロイドプライム フェデレーションフォース

 

f:id:shiftwinter:20160822180700j:plain

 
実はメトロイドはプライム含めてほとんど遊ぶタイミングを逃してしまっている状態である。遊んだことあるのは初代とフュージョンくらいかなー。
 
それでも気になった理由は「任天堂が自社のノウハウを駆使して携帯機でFPSをリリースする」という試みが大変興味深かったからである。
 
一般的な据え置き機に比べて携帯ゲーム機は往々にしてボタンやスティックがデフォでは少ないことが多い。3DSnew3DSや追加スティックなどが存在されているがそれでも基本は「タッチ画面+スライドパッド+十字キー+ABXYLR+Start+Select+HOME」というボタン構成である。
 
そんな中、精密な照準操作としてジャイロコントロールが操作デザインに組み込まれた『メトロイドプライムFF』は大変意欲的に見え、加えて現在無料配信されている対戦サッカーの『メトロイドプライム ブラストボール』で触れた限りかなり理に適った快適な操作性であると感じた。
 
初公開のカンファや見た目で割と前評判は損しちゃってる雰囲気もある『メトロイドプライムFF』個人的に楽しみな一本である。
 
■タイトル・・・メトロイドプライム フェデレーション フォース
■発売元・・・任天堂
■発売日・・・2016年8月25日
■対応人数・・・1~4人(キャンペーンCOOP)、2~6人(対戦)
■備考・・・オンラインCOOP、対戦に対応。拡張スライドパッド、Cスティック操作対応。
 

 

 

 

9月

ReCORE

f:id:shiftwinter:20160822181502j:plain

XBOXONEとPCでリリースされるアクションシューティング『ReCORE』
 
開発はメトロイドプライムの元スタッフが集まって立ち上げたArmature Studio(メトロイド新作の発売日付近に本作が出るのが運命を感じる)、企画担当は良くも悪くも色んな意味でゲーム業界を騒がしている稲船敬二(デッドライジング新作の発売が控えてる中本作が出るのが以下同文)。加えて、リードライターとして『HALO:CE』『~2』『~:ODST』等にもガッツリ関わっていたJoseph Staten (ジョゼフ・スタテン)が手掛けているとのことで謎がちりばめられた魅力的な世界観にも期待できそうだ。
 
ストーリーは一言でいえば「惑星開拓を機械に任せてワクワクしながら200年間眠って起きてみたら砂漠化で荒廃してたでござる。なんかロボットも暴走してるしこれはヤバい何とかせねば」といったもの。シンプルで大変良い。
 
ゲームの基本システムはアクションシューティングなのだが近年では珍しくロックオンで敵を補足し続けながら飛び回り攻撃をいなしていく足さばきが重要な塩梅となっている。あと、主人公の武器は四種類の属性変更が備わっており敵に色を合わせながら効率よく攻撃していく、という駆け引きも備わっている。
 
また、本作の大きな特徴として「ロボットとの共闘」がある。性能の全く異なる5種類の相棒ロボットから2体までを選択し、場面によって切り替え(LB)ながら移動(Xボタン)や攻撃(Yボタン)の指示を出していき敵を倒していくという形式だ。それぞれのロボットは細かくカスタマイズすることが出来るらしくやりこみ要素としても機能しそうだ。
 
昔ながらの三人称探索アクションを現代の技術で作り直したような本作、発売が非常に楽しみである。
 
■タイトル・・・ReCORE
■発売機種・・・XBOXONE、Windows10
■発売元・・・Microsoft
■開発元・・・Comcept Inc. Armature Studios
■発売日・・・2016年9月15日
■対応人数・・・1人
■備考・・・PCとXBOX間でのクロスバイに対応
 

Forza Horizon 3

f:id:shiftwinter:20160822181515j:plain

秋だ!ForzaHorizonだ!二年ぶりだ!今度の舞台はオーストラリアだ!
 
本作の広さは前作の2倍とのことなので、約500平方kmの二倍だから1000平方km。惑星ミラふたつ分、ジャスコ2とほぼ同じ広さだ、うそーん。沖縄本島が1200平方kmって考えるとおっそろしいなオイ。
 
また個人的にうれしい要素として「ドライバーの見た目変更」と「ドローンカメラ実装」がかなりデカい。
前者はFH2の時の正面から撮影した際の無表情ドライバー君のおかげでうまく映らないように調整するのが骨だったので撮影の幅が広がるのが大変うれしい。後者は単純に生き生きとした世界の中で存在するクルマたちをフリーカメラで眺めまわしながら風景を楽しむことが出来る点が素晴らしい。
 
撮影地点に関しても森林や海岸、砂漠に加えて高層ビルが連なる市街地などのロケーションが備わっており、よりバリエーションに富んだ撮影を行うことが出来そうで。前作で写真撮りまくってた身としてはこの点でもかなり期待できる部分である。
 
また(先に挙げたReCOREや) 本作はXbox Play Anywhereに対応しており、同一アカウントでの購入履歴(クロスバイ)やセーブデータの互換に加え、Win10PCとXBOXONE間でのクロスプレイにも対応している。そのため一緒に遊ぶプレイヤーにも恵まれそうで大変喜ばしい。
 
今後ハイエンドPCを購入したときの楽しみが増えたワケだ。
 
■タイトル・・・Forza Horizon 3
■発売機種・・・XBOXONE、Windows10
■発売元・・・Microsoft
■開発元・・・Playground Games
■発売日・・・2016年9月23日(アルティメット版)、9月29日(通常版)
■対応人数・・・1人、1~4人(COOP)、1~12人(マルチプレイ)
■備考・・・PCとXBOX間でのクロスバイ、クロスプレイに対応
 

 

 

10月

Gears of War 4 (ギアーズ・オブ・ウォー 4)

f:id:shiftwinter:20160822181642j:plain

XBOXONE北米環境からのDL購入予定、先の本体アップデートで買いやすくなったのでハードルは割と下がりました。
 
グロさそのままに日本語環境で遊べるようになるって考えたらこれはこれでアリだと思う。
 
割と最近まで(主人公のマッチョが足りない事もあって)発売日購入はいいかなぁって思ってたんだけど最近公開されたプレイ動画を見てみて一気に惹かれてしまって珍しく発売購入しようかなぁって考えてしまった。
 
あと折角なんで今までなんとなく避けてたオンライン対戦にも手を出して見たいと思ってます。
 
■タイトル・・・Gears of War 4
■発売機種・・・XBOXONE、Windows10
■発売元・・・Microsoft
■開発元・・・The Coalition
■発売日・・・2016年10月11日
■対応人数・・・1人、1~4人(COOP)、1~??人(マルチプレイ)
■備考・・・PCとXBOX間でのクロスバイに対応
 
Gears of War 4 [日本語字幕サポート] (輸入版:北米)

Gears of War 4 [日本語字幕サポート] (輸入版:北米)

 

 

バトルフィールド1

f:id:shiftwinter:20160822181529j:plain

 

バトルフィールド系は今まで殆どプレイしたことがなかった。加えて第一次大戦時代の兵器や時代情勢にも暗い状態だ。
 
それでも思わずほしくなってしまったのは例のトレイラーのせいだろう。フロストバイトエンジンで描画されたレトロな武器を駆使しての荒々しい戦争表現、アレに見事やられてしまった。
 
加えて本作のシステム周りは過去作に比べて極めてシンプルにまとまっているらしいとの情報も小耳にはさんだ。なら俄然今こそバトルフィールドシリーズに手を出すのにいい機会ではないだろうか?と思った次第である。
 
まずは近々開催されるらしいというβテストを遊んでみて感触を確かめたいなぁ。
 
■タイトル・・・Battlefield 1 (バトルフィールド1、BF1)
■発売機種・・・XBOXONE、PC、PS4
■発売元・・・EA
■開発元・・・Dice
■発売日・・・2016年10月21日
■対応人数・・・8~64人(マルチプレイ)

 

www.battlefield.com

11月以降

ファイナルファンタジーXV

f:id:shiftwinter:20160822182528j:plain

 

構想8年(推定)実開発2年(推定)の超大作。
 
まだ『ヴェルサスXIII』として作られた頃から「東京を舞台にした(当時はガチ東京だった、いまは東京っぽい世界になってる)アクションRPG」として楽しみだったわけだかディレクターが変わりスタッフが変わり世代が変わり世界観が変わりタイトルが変わり作り直された本作。
 
美麗なグラフィックで近代的な世界を駆け回りながらイケメン4人組で旅して戦うってのが地味に琴線で、割と早い段階から購入リストに入っていた。
 
加えて最近映画館で鑑賞した「キングスグレイブ ~」が個人的にかなり楽しめたこともあってアレのラストからゲーム本編にどうつなげてどう着地させるのか、出来るのかも気になったので早く遊びたいところである。
 
延期したのは残念な反面少し無理のあった購入予定リストがうまい具合に感覚保ったまんま続くカタチになった為、割とホッとしてるのも事実。
 
発売月になったらデラックス版を目途に購入する予定だ。
 
■発売機種・・・XBOXONE、PS4
■発売元・・・SQUARE ENIX
■発売日・・・2016年11月29日
■対応人数・・・1

来年以降

スケイルバウンド(Scalebound)

年末予定だったのが来年度に延期された、なんてことだ。仕方がない。なんてことだ。楽しみに待つ。なんてことだ。
 
スケバン楽しみな理由は改めて別記事で書くつもり。書きたいなぁ。
 

ゼルダの伝説 ブレスオブワイルド

楽しみな理由が多すぎて書く余白がない。
 
改めて別記事以下同文
 
---
 
後半力尽きたというか直近で楽しみなタイトル深く書きすぎて力尽きた。今回挙げたタイトル以外にも突発的に発表されたりセールになったり電波受信したりしたら増えたり減ったりする可能性凄くあるので、あくまで現時点での予定って感じです。
 
今年のホリデーシーズンも待ちきれないソフトが豊富で楽しみな秋冬になりそうだ。
 
広告を非表示にする